100年前の三菱 A型 を再現、ベース車は アウトランダーPHEV【ロサンゼルスモーターショー2017】



三菱自動車の米国法人、三菱モータースノースアメリカは、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー2017において、日本で初めての量産乗用車の三菱『A型』を再現したモデルを公開した。

三菱A型は、今から100年前の1917年に誕生した日本で初めての量産乗用車。三菱モータースノースアメリカは2017年4月、三菱自動車の車が誕生して100周年になるのを記念し、三菱A型を再現するプロジェクトを発表。米国のウェスト・コースト・カスタム社と協力し、三菱A型のボディに、『アウトランダーPHEV』の車台やパワートレインを組み合わせて、再現させるプロジェクトが始動した。車名は、A型(『モデルA』)を再現するという意味を込めて、『リ・モデルA』と命名。

そして、プロジェクトの開始から、およそ半年を経て、三菱A型の再現プロジェクトが完成。11月上旬、米国のテレビ番組で放送した後、ロサンゼルスモーターショー2017において、実車を公開となった。

三菱モータースノースアメリカによると、モデルAの美しさはそのままに、スーパー・オール・ホイール・コントロール・システム、プラグイン充電機能、前方衝突軽減、スマートフォンとのコネクト機能など、最新技術が搭載されているという。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す