「らぁ麺屋 飯田商店」 はここまで徹底する(東洋経済オンライン)



 東京から車で約2時間、JRなら新幹線を使っても1時間半弱、在来線だと約1時間40分。神奈川県南西部にある湯河原温泉で有名な湯河原町に、いつも大行列を成しているラーメン店がある。「らぁ麺屋 飯田商店」。JR湯河原駅より徒歩9分と住宅街の真ん中にたたずむお店である。

この記事の写真を見る

 2010年3月オープン以来、口コミで徐々に客足を伸ばし、昨年にはラーメン業界で最高権威とも言われる「TRYラーメン大賞」で大賞を受賞した。今年1月7日にTBS系で放送された「情熱大陸」(制作は毎日放送=MBS)で、店主の飯田将太さん(40歳)が取り上げられるほど話題になっている。食べログの平均点は4.00点、ラーメン部門では全国4位、神奈川県1位(2018年1月8日現在)となっている。

 飯田商店の営業時間は午前11時~午後3時までのたった4時間。それも行列が長くなりすぎたら、午後3時前でも並べなくなる(毎週月曜と毎月第3火曜<祝日の場合は翌日>が定休日)という希少性も手伝ってか、全国からラーメンファンが集まる。

 特にTRYラーメン大賞の受賞後はメディアの取材も殺到。行列も日増しに長くなっている。近隣への配慮で、開店待ちの早朝からの行列を防ぐために整理券制を導入しているが、その整理券を求めるための順番争いも熾烈になっているほどだ。

■1日のお客さんは200人程度が限界

 飯田商店の出すメニューは、醤油、塩、にぼしのラーメン(800~1400円)と、つけ麺(1000円)だ。スープ、具材、自家製麺を作り込むのはもちろんのこと、ラーメンをつくる工程すべて(タレ、麺、スープ、盛り付け)を飯田さんが1人で行うというこだわりようだ。

 たとえば、醤油らぁ麺。スープは鶏と水のみ。比内地鶏・名古屋コーチン・山水地鶏の丸鶏、比内地鶏・名古屋コーチンのガラを使用している。自家製麺は国産小麦にこだわり、はるゆたか・春よ恋・きたほなみ・チクゴイズミ・さぬきの夢などをブレンド、内モンゴル産のかんすいと沖縄の塩「ぬちまーす」で、小麦の味を最大限に引き出している。醤油は6種類の生醤油を合わせる。上には黄金の鶏油がかかる。チャーシューはオーブンで焼いたモモと低温調理のロースの2枚が乗る。器は有田焼だ。

【関連記事】


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す