有馬記念「キタサンまつり」後も祭りがあった(東洋経済オンライン)



 2017年12月24日。中央競馬の暮れの大一番となるグランプリ、GⅠ第62回有馬記念が中山競馬場(千葉県船橋市)で行われた。競馬の枠を超えた日本の年末を代表する国民的イベントで、結果は一般的なニュースだけでなくワイドショーでも取り上げられた。結果は周知のようにキタサンブラックが鮮やかに逃げ切りラストランを飾った。決してエリートとは言えなかったキタサンブラックは実績を積み重ねて最後にJRA(日本中央競馬会)最多タイのGⅠ7勝目を挙げ、歴代の賞金王にもなった。

 役者もそろっていた。スーパージョッキー武豊騎手が騎乗し、馬主は国民的歌手の北島三郎さんが会長を務める大野商事。キタサンブラックは競馬ファン以外にも認知された希代のアイドルホースとなった。武豊騎手が公開枠順抽選会で絶好の2番枠を引き当ててファンを沸かせ、完璧な騎乗で花道を飾った。北島さんはレース後のお別れセレモニーで新曲の「ありがとう キタサンブラック」を映像で披露し、「まつり」を熱唱した。10万人を超えるファンが詰め掛け、セレモニーには5万人が残ってキタサンブラックとの別れを惜しんだ。

 「歌いませんよ」と言い続けていた武豊騎手が最後はマイクを持った。壇上には菊花賞の時の北村宏司騎手や、調教パートナーを務めた黒岩悠騎手の姿もあった。

 「キタサンまつり」の最高のハッピーエンドで場内は温かい雰囲気に包まれた。今年1月9日に発表された2017年JRA賞では年度代表馬に選出された。2年連続の年度代表馬は史上7頭目の快挙。キタサンブラックは今春から種牡馬(しゅぼば・繁殖用の牡馬)となる。次は第2のキタサンブラックの誕生を期待したい。

■有馬記念「買い控え」の懸念

 中山競馬場の当日の入場者は10万720人で前年比で2.1%増。10万人の大台を回復した。ただ、有馬記念の全国の馬券の売り上げは441億9957万5700円で前年比で1.6%減だった。2017年のJRAの売り上げは堅調に推移し2兆7476億6248万4800円と前年比で2.9%増。GⅠレースも既存の平地(障害レース以外の競走)21レース中、13レースで前年より売り上げを伸ばしていた。この時点で有馬記念が前年比で微減だったことは関係者の誰もがあることを懸念した。「買い控え」である。

【関連記事】


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す