ロシア、エジプトのリビア国境付近に特殊部隊配備か



複数の関係筋によると、ロシアは、エジプト西部のリビアとの国境付近に特殊部隊を配備したもようだ。

リビア軍のハリーファ・ハフタル司令官を支援することが狙いではないかとの見方が出ており、米国がロシアの関与に懸念を強める可能性もある。

同司令官は国内の石油輸出ターミナルを警備しているが、今月3日にベンガジ防衛旅団(BDB)から攻撃を仕掛けられた。

米当局者によると、ロシアの特殊部隊が配備されたとみられるのは、エジプトとリビアの国境から約100キロの地点に位置するシディ・バラニ。ドローンも配備されているもようという。

エジプトの治安当局筋によると、特殊部隊は22人で構成されている。

ロシア国防省のコメントはとれていない。エジプト軍は、ロシア部隊の存在を否定。米軍はコメントを控えている。

[ワシントン/カイロ 13日 ロイター]

120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2016トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す