ビットコイン最高値更新で1万8000ドルに迫る 12月に入り8割上昇



15日の市場で仮想通貨ビットコインが最高値を更新。一時約9%高の1万7934ドルをつけ、1万8000ドルが目前に迫った。その後は7.5%高の1万7600ドル近辺で推移。

ビットコイン12月に入ってから約80%上昇し、月間としては2013年12月以降で最大の伸びとなる勢い。

前週末のシカゴ・オプション取引所(CBOE)での先物上場に加え、今週末は新たにシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)でも先物の上場を控えており、「先物上場をきっかけに機関投資家の資金の流入が期待される」(クリプトコンペアのチャールズ・ヘイター氏)という。

ただ急激な値上がりに対する懸念は根強く、アングリア・ラスキン大学のラリサ・ヤロバヤ氏は「われわれの調べでは、ビットコインの価格は投機的な投資によって人為的につりあげられており、バブルを形成している」と指摘した。

[15日 ロイター]

120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2017トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます



【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す