ソウルの小学校入学者 去年に比べて2.5%減少 – KBS WORLD Radio News



ソウルの小学校入学者 去年に比べて2.5%減少

ことし3月、ソウル市内の小学校に入学する予定の子どもの数は7万7252人で、去年に比べて2.5%減少しました。

ソウル市教育庁によりますと、ソウル市の小学校入学者数は、2013年は8万1294人でしたが、翌年の2014年は8万6184人で少し増加しました。

しかし、その後、2015年は8万116人、2016年は7万6423人で2年連続の減少となり、2017年は7万8000人に少々増加していましたが、ことしは再び減少に転じました。

これについて関係者は、縁起がいい年として一時的に出生率が上昇した2007年と2010年に生まれた子どもが小学校に入学する年齢になったことで、小学校の入学者数が一時的に増加していたものとみられると説明しています。


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す