アスリートラウンジが完備!シェアハウス『シェアレジデンス青葉台』登場



シェア・デザインは、アスリート向け設備に専属のトレーナーによるプログラム付きのシェアハウス『シェアレジデンス青葉台』を神奈川横浜市青葉区にオープンした。

同シェアハウスは、水回り付きの通常のマンションタイプの個室で、アスリート向けのサービスが充実している。

入居者は、現役ランナーによるランニングトレーニングのほか、トライアスロンチャレンジのプログラムや入門講座、現役アスリートによるダイエットプログラムが利用できる。

共用スペースに、スピニング(自転車トレーニングができる機械)や酸素カプセルなどに加え、カラオケやビアサーバー付きのミュージックラウンジや業務用コンロを備えたシェアードキッチンなど。

DJの音楽に合わせてバイクのトレーニングができる8台のスピニングマシンや、世界中のアスリートたちとリアルタイムで競争できる「ZWIFT(体感型オンラインサイクリング)」を完備している。

また、入居者は東急スポーツクラブのアトリオドゥーエシリーズおよびあざみ野が利用できる。ジムでは入居者向けのオリジナルトレーニングコースや利用できるプールがあるとのこと。

そのほか、入居者特典として、月々5,000円割引きのアスリート割引きがあるほか、ダイエットプログラムでは、毎週日曜日開催していて体脂肪率が2%下がると20,000円のキャッシュバック特典があるとのこと。

同シェアハウスは、地上5階建て92戸で、家賃は月53,800円から60,800円。インターネット接続料込みの管理費が付6,800円、水道・通信費は6,000円(電気は個別契約)となる。

詳細等は、同社ホームページを参照のこと。


本記事は「マイナビ賃貸」から提供を受けております。

著作権は提供各社に帰属します。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す