幡ヶ谷駅近に肉バル登場! A4黒毛和牛に塊肉の”肉前菜”もそろえて朝4時まで



シトラスは3月14日、東京都渋谷区幡ヶ谷にて「肉バルPIPPI ~ステーキとワイン」をグランドオープンする。

「肉バルPIPPI ~ステーキとワイン」店内

同店は、”隠れ家×ステーキとワインをお値打ちに楽しむ”を店舗コンセプトとした肉バル店。17時から翌朝4時まで営業するのが特徴だ。

名物メニューとして、”肉前菜”と位置付けた塊肉を1,500円で提供する。塊肉を注文すると、来店者の好きな食べ方に合わせて調理。インパクトのある見た目でSNS映えも考えられたメニューとなる。選択できる料理は、ユッケや雲丹牛刺しなど。

フードでは、A4等級黒毛牛のステーキを100グラム990円から提供。赤身から霜降りまで全20部位を取りそろえ、タンステーキやハラミステーキはもちろんのこと、イチボステーキ、ヒウチステーキ、サーロインステーキといった希少部位も楽しめるという。

A4等級黒毛牛のステーキをお値打ち価格で

サイドメニューでは、アヒージョや特製黒毛牛ハンバーグ、チーズを使った料理などを用意。パスタメニューも提供する。また、同店ではワインを”もっと気軽に嗜んでもらいたい”という思いから、なみなみと注がれる赤白グラスワインを490円~、グラススパークリングワインを590円~という価格で提供。カクテルやサワーなども含め、全200種を取りそろえる。なお、ビールは390円、ハイボールは290円。

グラススパークリングワインは590円より

店舗は、”地域で圧倒的に1番かっこいいお店づくり”を目指し、華やかさがありながらもどこか落ち着いた雰囲気を演出した外観に仕上げたという。幡ヶ谷駅から徒歩30秒の好立地で、店内は完全個室席(完全予約制)もあるため”お忍び”での利用も可能とのこと。

「肉バルPIPPI ~ステーキとワイン」外観

※価格は全て税別




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す