池袋から30分! 試飲もできるコカ・コーラ多摩工場は親子共に楽しみ所が満載



ファミリー世帯の週末、子どもが楽しめるお出掛け場所を探すのに、苦労しているパパ・ママは多いのではないでしょうか。「学び場 遊び場 探検レポート」では、首都圏の「学べて遊べる場所や空間」を徹底調査! 住宅や保育園などで”子どもの未来を育む場”をビジョンとしたリノベーションを提供している「コソダテリノベ」が紹介します。

近年、家族連れはもちろん、カップルや友達どうしでのお出掛けに人気の工場見学。今回は、「コカ・コーラボトラーズジャパン 多摩工場」にお邪魔してきました。普段見慣れた飲料が作られる現場では、新たな発見がたくさん! 早速紹介しましょう。

赤といえばコカ・コーラ! 工場の探検スタート!

試飲もできる! 都心からすぐのコカ・コーラ工場

池袋駅から西武池袋線「東久留米」駅まで電車で約25分、バスに乗り換えて8分ほどで到着してしまう同工場。飲料や食品の工場見学は「遠出が必要なのでは……?」と思いがちですが、予想以上に都心から近いのでとても便利に感じました。乗り換えが増えれば増えるだけ、苦労も重なる子連れのお出掛けにとって、このアクセスの良さは大きなポイントですよね。

工場に着くと、早速約60分にわたる見学がスタート! 「コカ・コーラ」の歴史や工場について映像で紹介があった後、展示を観覧し、体験し、製造工程を回るという3段階の流れで進んでいきます。見学会では、コカ・コーラをはじめとした同社の製品を試飲することも可能。東日本のコカ・コーラ工場見学で、唯一、瓶のコカ・コーラの試飲もできるそうです。

代表製品「コカ・コーラ」誕生の秘密や誕生秘話が満載

辺り一面真っ赤! まずはこちらで映像鑑賞からスタート

はじめに鑑賞する映像では、コカ・コーラの歴史、誕生秘話を知ることができます。アメリカの薬剤師の純粋な好奇心によって、誕生したのがコカ・コーラとのこと。色の秘密や、独特の瓶がどのようなモチーフで作られているのかなど、意外な発見がたくさんありました(詳しくは現地でのお楽しみ!)。

また、体験コーナーも充実しています。画面の前に立つと、まるで自分が炭酸飲料の中に入っているように見える仕掛けが用意してあったり、工場のユニフォームを着て記念撮影ができたりと、来場者を飽きさせない工夫が満載。

画面の前に立つと、炭酸飲料の中のようにシュワシュワ!

ユニフォームは着用自由! 記念撮影にもおすすめ

過去に放映されたコカ・コーラのCM展示では、有名俳優の若かりし日の姿が映し出されたり、レトロ感あふれるアメリカ1970年代風のフォトコーナーで写真が撮れたりと、パパ・ママも楽しめる興味深い展示が充実しています。

過去のCM上映コーナーも。あの俳優の若かりし日もお目にかかれます

アメリカンな写真撮影スポットも

工場見学から学ぶ、安全・安心な製品作り

そして最後に待っているのが、製造工程の見学。ものすごいスピードでたくさんの製品がつくられていく様子は本当に圧巻です! さらに「そんなことまで!?」と思うほど、機械と人の手・目双方で、安全・安心の確認作業が行われていることにも驚きました。私たちが普段何気なく飲んでいる飲料は、こうして多くの人が日夜働いてくれて初めて手に取ることができるのだと感じます。子どもにとっても、品質管理の取り組みや、企業の役割、働くことの意味などを、学ぶ機会になりそうですね。

ズラーっと並ぶ機械の数々。ものすごいスピードで製品が作られていきます

多摩工場の工場見学の歴史は深く、初めての開催は30年以上も前。近隣の住民の方に、安全な操業と、品質の高い製品づくりを伝えるために始まったそうです。現在は各地から社会科見学などで訪れる小学校も多く、年間3万人ほどが来場しているといいます。

工場見学では、同社が行っている環境への取り組みなども紹介されているので、身近に感じにくい環境問題を、普段見慣れた飲料から考えるきっかけにもなりそう。館内はベビーカーでの移動ができないので、小さな子どものいるご家庭は注意が必要。事前予約制のため、訪れる際は、同社のホームページを確認の上、予約をしていきましょう。

おすすめポイントまとめ!!

●意外と近場! 気軽に遊びに行ける
●親子共に無料で楽しめるのでお財布にやさしい
●身近な飲み物の知らなかった背景や誕生秘話を聞き、誰かにちょっと自慢したくなる
●瓶のコカ・コーラが飲める(瓶のコカ・コーラってなんだかワクワクしませんか?)

information

『コカ・コーラボトラーズジャパン 多摩工場』
住所: 東京都東久留米市野火止1-2-9
営業時間: 10時~、11時半~、14時~(平日・祝日※工場休業日を除く)
料金: 無料



筆者プロフィール: コソダテリノベ

子育て世代に特化した「家探し」「家作り」を提供する不動産&リノベーションサービス。「ライフプラン相談会」(教育資金を確保し、適正な住宅購入予算を設計)、「コソダテリノベセミナー」(子育てに特化したリノベーションを学ぶ)などを通して、子育て世帯のリノベーションのご相談を受付中! 林業体験やベビーヨガなどの子育て世帯向けイベントも多数開催。

育児と教育の視点で設計された「エジソンハウス」(東京メトロ東西線「西葛西駅」)のモデルルームでは、見学会のほか、宿泊体験も可能。「子どもの未来を育む場の創出」のビジョンのもと、住宅のほか、保育園など、子どもと教育をテーマにした空間作りも手がける。

公式サイト: コソダテリノベ
Facebook: @kosodate.renove


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す