ミランが4試合ぶりの白星…インテル&ローマは未勝利続く/セリエA第20節



セリエA第20節が行われた [写真]=Getty Images

 セリエA第20節が5日から6日にかけて各地で行われた。

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルはアウェイでフィオレンティーナと対戦。55分にFWマウロ・イカルディが先制点を挙げるが、後半アディショナルタイムにFWジョバンニ・シメオネの同点ゴールを浴び、1-1の引き分けで5試合未勝利となった。長友は75分から途中交代でピッチに立ち、リーグ戦8試合ぶりに出場した。

 首位のナポリは降格圏19位のヴェローナをホームに迎え、65分に右CKからDFカリドゥ・クリバリのヘディングシュートで先制すると、78分にはFWホセ・カジェホンが右足ボレーで追加点を奪い、2-0で勝利。4連勝で首位をキープした。

 3試合未勝利の11位ミランは、ホームでクロトーネと対戦。降格圏18位の相手に苦戦するが、54分に左CKから相手GKのクリアボールがDFレオナルド・ボヌッチに当たり、そのままゴールに吸い込まれて先制。これが決勝点となり、ミランは1-0で4試合ぶりに勝利を収め、新年白星スタートとなった。

 前節、セリエAでクラブ史上初勝利を収めた最下位のベネヴェントは、ホームでサンプドリアに勝利し、2連勝を飾った。1-1のまま迎えた83分にサンプドリアDFヤコポ・サーラの一発退場で数的有利になると、直後のFKをFWマッシモ・コーダが直接沈めて勝ち越しに成功。さらに後半アディショナルタイム1分にFWエンリコ・ブリグノラが追加点を挙げ、3分後に1点を返されたものの、ベネヴェントが3-2で競り勝った。

 敵地でカリアリと対戦したユヴェントスは、74分にFWフェデリコ・ベルナルデスキがゴールを決め、1-0で勝利。4連勝で首位と勝ち点差1の2位をキープした。ホームにアタランタを迎えた4位のローマは、2点を先行された前半の終了間際にアタランタMFマルテン・デ・ローンの退場で数的有利になるが、反撃は56分のFWエディン・ジェコの一撃だけで終わり、1-2で敗戦。3試合未勝利で5位に後退した。

■セリエA第20節結果
▼1月5日開催
キエーヴォ 1-1 ウディネーゼ
フィオレンティーナ 1-1 インテル

▼1月6日開催
トリノ 3-0 ボローニャ
ベネヴェント 3-2 サンプドリア
ジェノア 1-0 サッスオーロ
ミラン 1-0 クロトーネ
ナポリ 2-0 ヴェローナ
SPAL 2-5 ラツィオ
ローマ 1-2 アタランタ
カリアリ 0-1 ユヴェントス

■セリエA第20節順位
1位 ナポリ(勝ち点51)
2位 ユヴェントス(勝ち点50)
3位 インテル(勝ち点42)
4位 ラツィオ(勝ち点40)※1試合未消化
===========CL===========
5位 ローマ(勝ち点39)※1試合未消化
6位 サンプドリア(勝ち点30)※1試合未消化
===========EL===========
7位 アタランタ(勝ち点30)
8位 ウディネーゼ(勝ち点28)※1試合未消化
9位 フィオレンティーナ(勝ち点28)
10位 トリノ(勝ち点28)
11位 ミラン(勝ち点28)
12位 ボローニャ(勝ち点24)
13位 キエーヴォ(勝ち点22)
14位 ジェノア(勝ち点21)
15位 サッスオーロ(勝ち点21)
16位 カリアリ(勝ち点20)
17位 SPAL(勝ち点15)
===========降格==========
18位 クロトーネ(勝ち点15)
19位 ヴェローナ(勝ち点13)
20位 ベネヴェント(勝ち点7)

本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。著作権は提供各社に帰属します。


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す