張本氏、日ハムドラ1・清宮は「ホームランバッターじゃない」



高校日本代表でも活躍し日本ハムからドラフト1位指名を受けた清宮幸太郎

 7日、『サンデーモーニング』(TBS系)の人気コーナー『週刊 御意見番』に張本勲氏とソフトバンクの王貞治会長が出演し、早稲田実業高校の後輩・清宮幸太郎(日本ハム)について言及した。

 同番組中に清宮が『868本を目指せるような選手になりたい』というVTRが流れると、王会長は「その意気は良しですよ。嬉しいです。ああいう言葉を(今まで)聞いたことはありませんからね」と喜び、「彼のそういう気持ちは大事です。後輩として頼もしい」と続けた。

 清宮は高校通算111本塁打を放ったスラッガー。プロでも本塁打量産が期待される。しかし、王会長は「長距離打者というよりは、中距離打者と私は思うんですよね」とコメント。その理由について王会長は「強引に打つのではなくて、来た球に対して逆らわず打つ。打率はかなり打つと思うんですけど、ホームランを50本、60本というのは、最初からできるということにはならないと思いますね」と説明した。

 また、張本勲氏も清宮について「典型的なホームランバッターじゃないですね」と話すと、すかさずキャスターの関口宏氏が「高校でバンバンホームラン打ちましたよ」とチクリ。これに対し、張本氏は「高校は相手が弱いし、金属バット。数打ったでしょうけど、我々が見た限りでは中距離バッターに近い。両左右に打てるタイプだと思います」と話した。

本記事は「ベースボールキング」から提供を受けております。著作権は提供各社に帰属します。


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す