流通経済大柏が3発完勝で4強入り! 長崎総科大附はエース不在響く



準々決勝で長崎総科大附と流通経済大柏が対戦した [写真]=兼子愼一郎

 第96回全国高校サッカー選手権大会・準々決勝が5日に行われ、長崎総科大附(長崎)と流通経済大柏(千葉)が対戦した。

 3回戦で前回王者・青森山田(青森)を破った長崎総科大附だが、エースの安藤瑞季を出場停止で欠く苦しい状況。対する流通経済大柏はインターハイとの“2冠”へ、3試合連続で九州勢との対戦となった。

 試合は序盤から両者ともにゴールを目指して激しくぶつかり合う。スコアが動いたのは44分。流通経済大柏はロングスローがこぼれたところを関川郁万が豪快に蹴り込み、先制に成功した。その6分後には、ゴールキックを味方が競ると、抜け出した菊地泰智が左足で決めて流通経済大がリードを2点に。長崎総科大附も必死にゴールを目指したが、相手守備陣に阻まれ続ける。80分には熊澤和希もゴールを奪った流通経済大柏。3-0で長崎総科大附を下し、準決勝進出を決めた。

 勝利した流通経済大柏は、6日の準決勝で矢板中央(栃木)と対戦する。

【スコア】
長崎総科大附 0-3 流通経済大柏

【得点者】
0-1 44分 関川郁万(流通経済大柏)
0-2 50分 菊地泰智(流通経済大柏)
0-3 80分 熊澤和希(流通経済大柏)

本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。著作権は提供各社に帰属します。


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す