松本、25歳MF柴田隆太朗が現役引退「三年間は僕にとってかけがえのない財産」



現役引退を発表した柴田 [写真]=J.LEAGUE

 松本山雅FCは8日、MF柴田隆太朗が今季限りで引退することを発表した。

 現在25歳の柴田は国見高校出身。拓殖大学への進学を経て、2015シーズンに松本に加入した。当時J1に在籍していた松本で、1年目はカップ戦6試合に出場した。2016年はJ2でリーグ戦1試合に出場、そして今季は天皇杯で2試合に出場して2得点を記録している。

 同選手は松本の公式HPで以下の通りコメントを発表している。

「今シーズンをもちまして現役を引退する事を決意しました。松本に入ってからの三年間は膝の怪我に苦しみ、今回の引退という決断に至りましたが、松本での三年間は僕にとってかけがえのない財産になりました」

「ハムスターが欲しくてはじめたサッカーですが、たくさんの方々の支えのおかげでここまでやってこれました。これまでに僕に関わってくださった全ての方々には感謝の気持ちしかありません。そしてファン・サポーターの皆様、いつでも優しく接してくださってありがとうございました」

「これから人生の第二章が始まりますが、松本山雅のことは一生応援し続けます。本当に三年間ありがとうございました。 One Sou1」

 松本は19勝9分け14敗の勝ち点「66」、8位で今季を終えている。

本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。著作権は提供各社に帰属します。


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す