長期金利0%、リスク和らぎ国債売られる



 週明け11日午前の国債市場は、長期金利の指標である新発10年債(348回債、表面利率0・1%)の利回りが前週末終値より0・010%高い0%で始まった。

 北朝鮮が9日の建国記念日に挑発行為に出なかったためリスク回避姿勢が後退し、安全資産とされる国債が売られた。

 大阪取引所10年国債先物の中心限月である9月きりは12銭安の151円39銭。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す