中国メディア「海産物禁輸で打撃」 厳格な決議履行アピール



 【北京=藤本欣也】中国政府は23日、自国企業に対する米国の独自制裁に強く反発する一方で、北朝鮮産の海産物禁輸により中国側がいかに経済打撃を受けているかを国内メディアを通じて宣伝、国連安全保障理事会決議の厳格な履行ぶりをアピールしている。

 中国外務省の華春瑩報道官は同日の記者会見で、「国連安保理の枠組み以外での一方的制裁に反対する」と米国の措置を批判した上で、こうした独自制裁は「北朝鮮問題における中米間の相互信頼と協力にとって利益にならない」と述べ、即時撤回を要求した。

 その一方、中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は同日付で、中国が安保理決議を順守し15日から北朝鮮産海産物の輸入を停止した結果、中朝国境の吉林省琿春(こんしゅん)市や遼寧省丹東市近郊の市場が大きなダメージを受けていると報じた。

 琿春市のある業者は十数トンのスルメイカを北朝鮮から突然、輸入できなくなり、約200万元(約3280万円)の損失をこうむったとみられるという。同紙は全体で500トン、2億~3億元の損失が見込まれると推計している。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す