都議選、豊洲問題で苦悩の候補者 説明不足・核心に触れず…中央区の有権者の判断は



 東京都議選は1日、9日間の選挙戦の最終日を迎え、候補者たちが最後のお願いに走った。小池百合子知事(都民ファーストの会代表)による「市場両立案」で揺れる築地市場がある中央区では定数1をかけ、都民や自民の新人ら5候補が激突。街頭演説で都民候補は「築地ブランドを守る」といいながらも両立案の内容は説明せず、自民候補は公約の豊洲市場(江東区)への早期移転には踏み込まなかった。ご当地ならでは複雑な胸中が垣間見えた訴えとなった。

      ■課題が山積

 「私は小池百合子知事とともに築地ブランドを守っていきます。築地を守るためにも当選しなければならない」。都民新人の元区議、西郷歩美氏(32)は最終日の最初の街頭演説場所に築地市場近くを選び、マイクを握った。

 だが、肝心の市場両立案をめぐっては「都民ファーストの会として新たなプランを出しているところだが、書類が膨大。街頭演説で一つのこと、例えば財政のことを話すと不安点も出てきて理解も難しい」。選挙後、対話のための集会を密に開くという。

 小池氏は告示直前、築地市場跡地を売却せず保有し、市場機能を持った「食のテーマパーク」として再開発すると表明。高い維持管理費がかかる豊洲市場を持つ市場会計を黒字にするには、築地跡地を貸すなど活用する必要があると主張する。しかし、豊洲整備費のうち借金として残る約3600億円の返済の財源が決まっていないなど、検討課題が山積している。

自民新人は党公約の早期移転に触れず




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す