加計学園文書を再調査へ 文科相が表明 「国民から声が多く寄せられた」



 安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設をめぐり、松野博一文部科学相は9日の閣議後会見で、「総理のご意向」などと記載された文書について再調査する方針を表明した。

 これまで松野氏は、省内調査に基づき「文書の存在が確認できない」としてきたが、文科省前事務次官の前川喜平氏が「文書は確実に存在する」と証言。複数の文科省職員も文書の存在を認め「省内で共有していた」と明らかにしていた。

 松野氏は9日の会見で、再調査する方針に転じた理由について、「国民から再調査を求める声が多く寄せられた」と述べた。調査項目などを速やかに検討し、結果がまとまり次第公表する方針。

 萩生田光一官房副長官は9日午前の記者会見で、「文部科学省が適切に判断し、再調査をするというならば歓迎したい」と述べた。

 一方、山本幸三地方創生担当相は9日の記者会見で、国家戦略特区を担当する内閣府としては再調査しない意向を示した。「担当者に聞いて、全くそういうことはないと確認している」と述べた。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す