独・メルケル首相の訪米延期 米国東部の悪天候で



 ドイツのメルケル首相は13日に出発予定だった米国訪問を延期した。米国東部の降雪による悪天候が理由。14日に予定されたトランプ米大統領との会談は17日に変更された。DPA通信などが伝えた。メルケル氏とトランプ氏の直接会談は初めてで、メルケル氏はホワイトハウスを訪れ、安全保障や経済のほか、ドイツなど欧州連合(EU)と米国の関係などについて協議する予定だった。(ベルリン 宮下日出男)


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す