東証、東芝株を15日付で「監理銘柄」に指定 上場廃止を審査



 東京証券取引所は14日、2015年に発覚した不正会計問題を踏まえ、東芝株を上場廃止の恐れがある「監理銘柄」に15日付で指定すると発表した。決算遅延による監理銘柄への指定は発表の再延期が認められて免れたが、欠陥を露呈した経営管理体制の審査は続く。改善が認められなければ上場廃止となる。

 日本取引所グループ(JPX)傘下の自主規制法人が審査し、1年以内に結論を出す見込みだ。名古屋証券取引所も東証と同様の措置を取る。

 東証は15年9月、不正会計問題を受けて東芝株を、経営管理体制に問題があることを示す「特設注意市場銘柄」に指定。東芝は昨年9月、改善状況を記した「内部管理体制確認書」を提出したが、改善が不十分と判断された。特設注意市場銘柄に指定されて3月15日で1年半が経過するため、東証は上場規則に基づき東芝株を監理銘柄とする。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す