中国指標堅調も市場不安定 借り入れ解消難航なら流動性拡大も



 中国当局が発表した堅調な経済指標にもかかわらず、4月の金融市場がそこに安らぎを見いだすことはほとんどなかった。中国指導部がレバレッジ(借り入れ)解消に軸足を移していることが背景にある。

 債務負担を減らすことが中国経済の長期的な健全性にとって望ましいという点で、エコノミストの意見はほぼ一致している。しかし、短期的な痛みを伴わずに当局がそれをうまくやり遂げることができるかどうかは未知数だ。

 UBSグループは先週のアナリストリポートで、中国当局のイニシアチブが「うまく遂行されない」場合、「クレジットイベント(信用事由)の増加や過度の流動性引き締め、与信の伸びの意図せざる鈍化、市場のボラティリティー拡大を招く可能性がある」と分析した。

 中国国際金融(CICC)の梁紅エコノミストは「中国の今の景気回復は、初期段階である可能性が高く、先は長い」と指摘し、政策調整の改善と中国人民銀行(中央銀行)が現在行っている流動性供給が、クレジットクランチ発生の可能性を低く見せているとの見解を示した。(ブルームバーグ Enda Curran、Eric Lam)




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す