香港元財務官、国際医療試験区開設を提案



 香港特別行政区の元財務官で香港南風集団の梁錦松行政総裁はこのほど、広東省恵州市でインタビューに応じ、同省と香港、マカオの当局は同省での「国際医療養老試験区」の開設を検討すべきだと提案した。梁氏は「高齢化の進展に伴い、広東・香港・マカオ大湾区で医療・介護の需要が増大する」とした上で、試験区を設けて中国内地や香港、マカオ、さらには外国の医者が登録して医療に従事するのを許容し、先進的な管理経験のある海外の医療機関の進出を奨励すべきだと述べた。(中国新聞社)


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す