9月の住宅着工、3カ月連続減少



 国土交通省が31日発表した9月の新設住宅着工戸数は前年同月比2.9%減の8万3128戸だった。3カ月連続の減少。一部地域で用地確保に時間がかかっているほか、住宅購入に時間をかける人が増加。持ち家、貸家、分譲住宅のいずれも前年水準を割り込んだ。

 持ち家は2.7%減の2万4883戸で4カ月連続の減少。業界では「慎重に検討する人が増えた」との声が多い。

 貸家も2.3%減の3万7521戸と4カ月連続で減った。アパートローンなど個人の貸家業向け融資の減少が響いたとみられる。

 分譲住宅は5.3%減の2万202戸と4カ月ぶりの減少。マンションは大型案件が少なく9.2%減、一戸建ても2.2%減だった。

 三大都市圏では首都圏が9.9%減、中部圏では1.6%増、近畿圏が0.7%減だった。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す