日本は資源のない国ではない証明 世界初の海底鉱物引き上げ、商業化の行方は…



 海底に沈む金や銀、財宝を目指す冒険譚に心を躍らせたことはないだろうか。そんな夢物語が現実になるかもしれない。経済産業省と石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)が9月下旬、海底の鉱石を安定的に引き揚げる実験に世界で初めて成功したと発表したのだ。平成30年代後半の商業化を目指す。海に囲まれ、世界有数の広さの排他的経済水域(EEZ)を持つ日本にとって国産資源の開発は“夢”。商業化にこぎつければ、他国との資源外交で下手に出る必要もなくなるが、果たしてその実現性は…。

 成功したのは、マグマで熱せられた海水が海底から噴き出した際、海水に含まれる金属が冷えて固まってできる「海底熱水鉱床」から鉱石を連続して大量に引き揚げる実験だ。鉱石には金や銅などのレアメタル(希少金属貴)、自動車など鉄のメッキに欠かせない亜鉛などを多く含むとされる。8月中旬から9月下旬まで、JOGMECなどが沖縄県近海で実施した。水深約1600メートルの鉱床に投入した掘削機で鉱石を直径約3センチに砕き、水中ポンプで引き揚げた。

 重い鉱石を海水とともに目詰まりなく吸い上げるのが課題で、実験では、期間中に数十分間にたわる連続採掘を16回実施し、計16.4トンを引き揚げた。鉱石には7~8%程度鉱物資源が含まれているとみられる。

 これまでは海底熱水鉱床から鉱石を引き揚げる手段がなく、潜水艇で試験的に採掘するしかなかった。

 今回、世界に先駆けて海底鉱石の連続採掘に成功したのは、日本の企業が高い掘削技術を持つからだ。掘削機やポンプは三菱重工業が手がけた。海流がある中で船を停止して掘削する高い操船技術もあった。

より深海にはさらなる海底資源も?




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す