景気「緩やかな拡大続く」日銀の黒田東彦総裁が支店長会議で認識示す



 日銀の黒田東彦総裁は10日、東京都内の本店で開いた支店長会議であいさつした。国内景気は堅調な海外経済などを背景に「緩やかに拡大している」との認識を示し、先行きも「緩やかな拡大を続ける」との見通しを説明した。

 物価動向については「プラス幅の拡大基調を続ける」と分析し、物価上昇率2%の目標実現へ短期金利と長期金利を操作する現行の金融緩和策を続ける考えを強調した。

 会議では、各支店長からの報告を基に、個人消費や設備投資など地域経済の現状を確認。地域の雇用情勢についても議論した。日銀が2日発表した9月の企業短期経済観測調査(短観)では、大企業製造業の景況感が10年ぶりの高水準になった一方、人手不足の深刻化も懸念された。午後に全国9地域の景気判断をまとめた地域経済報告(さくらリポート)を公表する。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す