家庭用バターが値上げへ – 雪印、明治、森永



雪印メグミルク、明治、森永乳業はこのほど、家庭用バターの値上げを発表した。それぞれ1.1%~1.2%の価格改定を行う。

雪印メグミルクは5月1日出荷分から、「雪印北海道バター」(200g)を405円から410円に、「雪印北海道バター 食塩不使用」(200g)を445円から450円にする。

明治は6月1日出荷分から「明治北海道バター」(200g)を405円から410円に、「明治北海道バター食塩不使用」(200g)を440円から445円に。森永乳業は6月1日出荷分から「森永北海道バター」(200g)を405円から410円とする。

酪農生産者戸数や乳牛の飼養頭数の減少により、国内の生乳生産量に減少傾向が続いているという。値上げは、生産者所得の確保および国内乳製品需給の動向を踏まえ、乳製品向け乳価を引き上げたことによるもの。

※価格は税別
※写真と本文は関係ありません




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す