5月の訪日客21%増 韓国が押し上げ 6カ月連続で200万人突破



 観光庁は21日、5月に日本を訪れた外国人旅行者が前年同月比21.2%増の推計229万4700人だったと発表した。5月としては過去最多で、6カ月連続で月間200万人を超えた。熊本地震の影響で落ち込んでいた韓国人客が、85%増の55万8900人と大きく伸びたことが寄与した。

 韓国の大型連休と重なったことや同国発着の航空路線の増便も押し上げ要因となった。田村明比古長官は記者会見で「いろいろな国で過去最高を記録しており、堅調に推移している」と述べた。

 今年1~5月の累計は前年同期比17.3%増の1141万700人となった。国・地域別は、韓国が最多で、中国(51万7100人)、台湾(40万7500人)、香港(18万1600人)と続いた。1~5月の累計でも韓国が282万7000人でトップだった。

 好調が続いていた中国は前年同月比2%増にとどまった。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す