「Android OSがWindowsに肉薄」、スマホ時代のOSシェア分布



Android OSがWindowsに肉薄している(StatCounterの2017年2月の調査)。インターネットに接続する端末の搭載OSシェアを調べた。Windowsの38.6%に対し、Androidは37.4%に迫っている。わずか1年前、WindowsはAndroidに対して20ポイントの差をつけていた。5年前にはその差はなんと80ポイントもあった。

【「OSの巨人」マイクロソフト衰退か】

Androidの躍進は、アジアと開発途上国でのシェア拡大によるところが大きい(北米とヨーロッパでは、Windowsの利用率はAndroidの2倍をいまだに維持している)。ちなみに北米ではiOSがAndroidをわずかにリードしている。

いずれにしろ、この数字は現代が「スマホの時代」であることを象徴している。そして、かつては「OSの巨人」であったマイクロソフトの衰退も示している。

source:Statista

[原文:Here’s how quickly Android has caught up to Windows in terms of global internet usage(MSFT, GOOGL, GOOG)]

(翻訳:十河亜矢子)

【関連記事】


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す