ヤマト運輸、運転手の勤務管理をタイムカードに一本化 サービス残業改善へ



 宅配便最大手のヤマト運輸が、サービス残業が常態化しているドライバーの勤務管理手法を見直すことが14日、分かった。出退勤時刻を示すタイムカードによる簡素な仕組みにする方向だ。現在はタイムカードと併用する業務用端末の使用時間を反映して勤務時間を短く認定しているが、手法を一本化してサービス残業の解消につなげる。

 親会社のヤマトホールディングス(HD)は、グループ社員約7万人を対象にサービス残業の調査を進めている。中には過去2年間のサービス残業の累計が約千時間に上り、未払い賃金が150万円程度になる社員もいるとみられる。インターネット通販の拡大に伴う人手不足で長時間労働が慢性化しており、時間管理の透明化を目指す。

 ヤマト運輸は現在、タイムカードで出社や退社を記録する一方、勤務時間については宅配伝票を読み取る端末をメインに計測している。社員は通常、出社時にカードを打刻した後、端末の電源を入れて荷物の仕分けや配送作業に取り掛かる。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す