KDDIがアクセンチュアとデータ分析の共同出資の新会社「ARISE analytics」設立



KDDIは、総合コンサルティングのアクセンチュアとともに、KDDIグループ向けにデータ分析(アナリティクス)サービスを開発・提供する共同出資の新会社「ARISE analytics(アライズアナリティクス)」を立ち上げる、と3月14日発表した。KDDIが2月27日に100%出資で東京都渋谷区に設立した。今後アクセンチュアが出資し、比率をKDDI85%、アクセンチュア15%にする。資本金は2億円となる。KDDIグループのデータ利活用の中核的な役割を落ち、通信やEコマース、IoT(モノのインターネット)などの分野で人工知能(AI)を含む先進的なアナリティクス技術を提供する。

新会社は、最新のAI技術を取り入れた次世代型チャットサービスやレコメンドエンジンの開発を進めると同時に、KDDIとグループ各社が保有するデータ分析の支援に力を入れる。これによって「auスマートパスプレミアム」「Wowma!」「au WALLET Market」などのEコマース、「au WALLETプリペイドカード」「au WALLET クレジットカード」など金融といった付加価値サービスで顧客の体験価値向上を図る。インターネット広告やIoTでは、KDDIがパートナーとビジネスを推進する際、パートナー企業が持つデータを分析する機能を提供し、新たなデータ利活用を提案する。


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す