金融危機の難局で貫いた「敬事而信」 – PRESIDENT Online



■金融危機の序曲、年末の日々を一変

1994年12月6日、東京・大手町の住友銀行(現・三井住友銀行)の全国銀行協会(全銀協)の別室で、「何とか無事に、年が越せそうかな」と思いながら、事務的な仕事をこなしていた。

すると、担当専務から、呼ばれた。そういえば、部屋にある首脳陣の在・不在を示すランプで、頭取と専務のところが、だいぶ前から消えていた。「どこにいっていたのか?」と思いながらいくと、予想もしない言葉が飛んできた。

「とにかく、これからすべての予定を、キャンセルしてくれ」

理由を尋ねると、経営難となった都内の2つの信用組合から、預金や健全な融資などを移す受け皿銀行をつくるので、全銀協会長行として、金融界の出資を取りまとめることに専念しろ、との意味だった。バブル崩壊後の金融危機の序曲だった。満40歳。比較的平穏だった日々が、この日を境に、劇的に変わる。

頭取と専務は、東京・赤坂の日本銀行氷川分館に、極秘に呼ばれていた。1965年の証券不況の際、田中角栄蔵相らが経営の行き詰まった山一証券に対する日銀の特別融資を決めた場で、通称は氷川寮。後で聞くと、大蔵省(現・財務省)の銀行局長と日銀理事、日本長期信用銀行(現・新生銀行)、富士銀行(現・みずほ銀行)の頭取らが集まった。

当局側が、切り出す。

「受け皿とする新銀行の資本金は400億円。うち200億円を日銀が出すので、あとの200億円を民間金融機関で出してほしい」

預金の取り付け騒ぎなどを防ぐため、応分の負担をしてほしいとの要請だ。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す