ネット通販、小さな会社でも失敗しない鉄則 – 東洋経済オンライン



ブルーオーシャン(青い海)戦略とレッドオーシャン(赤い海)戦略。近年、ビジネス上で語られることが増えてきた用語だ。プレーヤーが多く、競争が激しいレッドオーシャンで戦うよりも、未開拓の新規市場でライバルも少ないブルーオーシャンを狙うほうが、ビジネスでは有効だという文脈がよく語られる。

一方、ネット通販市場において「小さな会社が狙うべきなのはレッドオーシャンだ」と言い切るのは、『【小さな会社】 ネット通販 億超えのルール』の著者、西村公児氏。西村氏は通販事業のコンサルタントとして多数のヒット商品の誕生にかかわってきた経験から、「小さな会社が2年以内に年商1億円の壁を突破することを可能にしたいなら、ブルーオーシャンを狙わないほうがいい」と主張する。

■売り上げが頭打ちしていませんか?

近年ではインターネットの普及と会社法の改正により、個人でも容易に株式会社を設立することが可能となりました。しかしながら、起業して数年経過するあたりになると、「なかなか年商1億円の壁」を越えられないという相談を多くの経営者からお受けします。

売り上げに陰りが見え始めると「なんとか次の一手を」と考える中で、希望的観測から無謀な賭けに出てしまう経営者が後を絶ちません。「ものすごいアイデアがある」「絶対にニーズがあるはずだ」「実現すると市場を独占できる」「発明をして特許を取った」「この市場はブルーオーシャンだ」などなど例を挙げるときりがありませんが、残念ながら小さな会社、特に、ネット通販ビジネスにおいては、ブルーオーシャンの商品は成功しにくいと言えます。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す