香川の養鶏場、鳥インフル確認で殺処分続く 約9万2千羽



 香川県さぬき市の養鶏場で鶏からH5型高病原性鳥インフルエンザウイルスが確認された問題で、県は12日もこの養鶏場と、経営者や飼育員が同じ別の養鶏場で計約9万2千羽の殺処分を続けた。殺処分は11日夜に始めており、24時間後の12日夜までに完了予定。

 政府は12日、対応を協議する「鳥インフルエンザ関係閣僚会議」を首相官邸で開催。

 県によると、殺処分には県職員や自衛隊員ら延べ約750人が交代で従事。処分した鶏は専用容器に入れて消毒後、県内の焼却炉で焼却する計画で、早ければ15日ごろ開始し、5日間程度かかる。

 農林水産省の職員や専門家らで構成する疫学調査チームが12日、現場の養鶏場に入り、原因究明を目的に調査する。

 県は感染の拡大を防ぐため、今回ウイルスが確認された養鶏場とさぬき市の8農場を含む半径3キロ圏内を、鶏や卵などの持ち出しや持ち込みを禁じる移動制限区域に設定。県内18農場を含む同3~10キロ圏内は搬出制限区域に設定し、持ち出しを禁じている。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す