うわさの「一流営業マン」はチャラ男だった 「スーツを一着も持たない」男の仕事術



【元受付嬢CEOの視線】

 一流の男は、カバンの下にハンカチを敷く--。前回ご紹介した、元受付嬢の橋本真里子さんが衝撃を受けたというあの営業マンを覚えているでしょうか。2018年を迎えて一本目の今回は、うわさの営業マンと橋本さんが「デキる人の仕事術」について対談する特別企画をお送りします。

船橋貴人さん(左)と橋本真里子さん

船橋貴人さん(左)と橋本真里子さん

 橋本さんが「一流の男」と称賛してやまない船橋貴人さん(33)は、新卒から不動産業界に入りこのかた11年、現在は転職して3社目の米不動産サービス大手で仲介営業を務める中堅社員です。黒髪短髪の好青年がやってくると想像していましたが、そこには毛足を遊ばせた“チャラ男”らしき姿が……。右手には天然石のブレスレット、左手にはビッグフェイスすぎる腕時計とかなり胡散臭いのです。一体何者なのでしょうか。

◆いまも生きる「先輩の叱責」

【橋本】船橋さんとは以前から知り合いでしたが、ちゃんとご挨拶したのは私が独立した後なんです。事務所の移転先を探しているときに、船橋さんにご依頼したんですよね。

【船橋】法人向けの不動産仲介の仕事をしているので、物件をご紹介しましたね。

【橋本】その際、事務所に打ち合わせに来たときも、カバンの下にハンカチを敷いていたんです(笑)。そんなご丁寧な方、なかなかお見かけしないですよね。その習慣はいつからなんですか?

【船橋】さかのぼること約10年ですが、新卒のときに先輩から学びました。不動産業界にいると、営業先はいつも「事務所」とは限らず、例えばオーナーさんのご自宅に上がることがよくあります。

新人の頃、オーナーさんのご自宅に先輩と同行した際、椅子にカバンを置こうとしたら、先輩に「お前はアホか」と叱責されました。「営業カバンは電車の床に置くこともあれば、トイレの洗面台周りに置くこともある。それを自分の家に置かれたらどう思う?」と指摘されたんです。

そう言って先輩はバッとハンカチを広げて、その上にカバンを置いたんですよ。それを見て「その通りだな」と腑に落ちました。それからずっと実践しています。

【橋本】ほかにも船橋さんは「ザ・デキる営業マン」の片鱗がいろいろあるんですよ。中でもメールの返信がとにかく早い。レスが早い人はデキる人が多いですよね。

【船橋】僕にとって、レスは一番大事な項目です。新卒で入った会社は「すぐやる、必ずやる、できるまでやる」っていう社内標語があって、中でも「すぐやる」は特に気をつけています。

レスが遅い人っているんですよね(笑)。でも、人って早く答えを欲しいじゃないですか。なので、僕は土日や夜間も対応できるように、取引先との連絡はメールじゃなくてLINEなどのメッセンジャーアプリでも対応できるようにしています。

大手不動産に転職したら受付嬢の反応が…




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す