今年こそはやめよう… 脳のコンディションを崩す「ついやってしまう」NG行動8



 脳は1時間単位で発揮する能力が変わる。作業療法士の菅原洋平さんは「脳の仕組みを把握し、脳の時間を制する人が、仕事も制する」と語る。ポイントはなにか。脳のコンディションを狂わせてしまう“やってはいけない”行動について、菅原さんが「8つのNG行動」で具体的に解説する--。

 ▼残念脳をつくる「やってはいけない」リスト

 ・3時間寝だめするのは逆効果

 ・夜食べる甘いおやつにご用心

 ・夕方は眠くなっても目を開けて

 ・ベッドとは「寝るところ」だと心得よ

 ・パソコンに付箋を貼ると非効率!?

 ・「ちゃんとやる!」っていったい何を?

 ・スマホなきトイレに神は舞い降りる

 ・インナーの安物着れば脳が泣く

 「この8つのNG行動は、ついやってしまう人が多いと思いますが、すべて、脳のコンディションを崩す誘因となります」と菅原洋平さん。

 まずは寝だめ。「休日の起床時間がズレればズレるほど、頭痛はひどくなります。週末の寝だめは3時間を超えると逆効果になることを知りましょう」

 夜甘いものを食べるのもNGだ。「夜、むやみに糖分を摂ると、生体リズムはズレやすくなります。糖分は、夜より朝に摂取したほうが有効的。リズムも修正してくれます」

「ここで寝たらもったいない」が大切




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す