県富士山世界遺産センター、開館6日で入場者1万人 静岡



 23日にオープンした県富士山世界遺産センター(静岡県富士宮市宮町)が28日、入場者1万人を達成した。展望ホールから眺める富士山と工夫を凝らした展示が好評で、初日に3257人、2日目に2471人が来場。25日以降の平日にも連日1千人以上が訪れ、オープン6日目で大台に到達した。

 同センターは年間30万人の来場を目標にしており、担当者は「1万人達成は比較的早かった。オープン以来天候に恵まれ、一番の売りである富士山の眺望が美しかった。メディアへの露出も多く、地元の方々や観光客の関心を集めることができた」と声を弾ませた。

 29~31日は休館。新年は1月1日午前9時から開館する。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す