独身女子が悩む「母のために家を買うべきか」 – 東洋経済オンライン



今回は、「独身女子がどこまで親の面倒を見るべきか」、というお話です。

「おカネと人生の相談室」にご応募いただいた中から、多くの読者の皆さんに参考になるケースを選定しました。ぜひ一緒に考えていきたいと思います。

■一人になった母のために、家を買うべきか

相談者は、東京都にお住まいの25歳の会社員、北川涼子さんです。大学卒業後、都内の百貨店に勤務。現在は母と同居中です。手取り年収は約255万円、現在資産は300万円。早速、相談内容をご紹介します。

2015年に父が亡くなり、都内で家賃10万円の2LDKのマンションに母と2人で暮らしています。家庭は自営業でしたが、父が亡くなる前には資金繰りも苦しくなり、家を売却して清算しました。母(58歳)は、専業主婦でしたが今は週4日、1日5時間のパートに出て、手取りは月10万円ほどです。「もっと仕事をすれば」といっても、「この年で8時間も働けないわ」と言い、結局、私が毎月13万円ほど生活費として支払っています。母は過去、年金保険料については未納でした。一方で母は自営業を清算したなどで、遺産として、資産を2500万円ほど保有しています。

相談は以下です。母が、家賃をずっと払い続けるのは損だから、家を買うよう勧めるのです。家があれば、将来私が結婚しても母が住む家があるので安心だし、母が死んだら家は賃貸に出せば、私の安定収入源になるとも。私は、母のために家を購入したほうがいいのでしょうか。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す