MSI、メインストリーム向けのX299マザーボード「X299 GAMING PRO CARBON」



台湾MSIは7月12日、Intel X299チップセット搭載マザーボードの新モデルとして、コストパフォーマンスを重視した、メインストリーム向けのゲーミングマザーボード「X299 GAMING PRO CARBON」を発表した。7月14日の発売を予定し、店頭予想価格は税別42,980円。

すでに販売中の「X299 GAMING PRO CARBON AC」から無線LAN機能を省き、コストパフォーマンスを高めたモデル。ストレージ向けインタフェースとして、PCI Express 3.0 x4接続のM.2スロット×2とU.2 スロットを備える。

イルミネーション機能「Mystic Light」をサポートするほか、3Dプリンタを利用してM.2用のファンやケーブルカバーなど、オリジナルの拡張パーツを実装できるようにする3DXマウンティングに対応する。

LANコントローラとしてIntel I219-Vを採用。ゲームなど特定のアプリケーションに対して帯域を割り当てられるようにする帯域管理ツールが付属する。



ソケット LGA2066
チップセット Intel X299
メモリ DDR4 4133(OC)MHz×8(最大128GB)、もしくはDDR4 4500(OC)MHz×4(最大64GB)
拡張スロット PCI Express 3.0 x16×4、PCI Express 3.0 x1×2
マルチGPU 3-Way AMD CrossFire、3-Way NVIDIA SLI
ストレージ SATA 6Gb/s×8、M.2(PCIe 3.0×4接続対応)×2、U.2×1
ネットワーク GigabitEthernet×1(Intel I219-V)
サウンド Audio Boost 4
フォームファクタ ATX
そのほか USB 3.1 Gen2×3(Type-A×1、Type-C×1、ピンヘッダ×1)、USB 3.1 Gen1×8(うちピンヘッダ×4)、USB 2.0×7(うちピンヘッダ×4)、オーディオジャック×1など
店頭予想価格 税別42,980円

こんな記事もよく読まれています



コメントを残す