Twitterで大人気の「Peing – 質問箱」が世界40ヵ国以上でリリース



ジラフが国内のみならずグローバルに展開

2018年01月10日 13時30分更新

文● 山口/ASCII

 ジラフは1月9日、2017年12月に買収した匿名質問サービス「Peing – 質問箱」の海外版(英語版)「QuestionBox」のサービス提供開始を発表した。

「QuestionBox」

 アメリカやイギリス、香港など、すでに40ヵ国以上のユーザーに利用されているという。

 ジラフ代表取締役社長兼CEOの麻生輝明氏は、「元々国内で急速に浸透しつつあったこのサービスを運営することになった弊社としては、Peing – 質問箱を国内のみならずグローバルに展開していく使命があるものと認識しております。今後は英語圏のみならず数十、数百ヵ国のユーザーに利用されるサービスへと成長させて参ります」と語っている。

 Peing – 質問箱は、Twitter上で利用できる匿名型の質問サービス。煩雑な会員登録は不要となっており、Twitteアカウントの登録後スムーズに利用できる。

■関連サイト



カテゴリートップへ





こんな記事もよく読まれています



コメントを残す