誕生日の星座はいつ見られるの? 12星座の観察時期



誕生日の星座を観察したい!

黄道12星座

 

星座に詳しくなくても、星占いでおなじみの12星座の名前なら知っている、という人は多いと思います。なかでも、誕生日の星座(以下、誕生星座)には親しみを感じているのではないでしょうか。それでは、自分の誕生星座を夜空に探したことはありますか?

誕生日に自分の星座が見えないわけ

私は12月生まれのいて座です。けれど誕生日の夜に空を見上げても、いて座は見えません。街灯りのせいで星が見えにくいわけではなくて、そもそも12月の夜空にいて座はいないのです。星占いで「私はいて座です」というとき、それは「生まれた日に、いて座のあたりに太陽がいた」ということを意味しています。ふたご座だって、さそり座だって、みんな同じこと。毎年誕生日がめぐってくる頃、誕生星座は太陽の近くにいて、昼の空の中を太陽と一緒に東から西へ移動しています。

ならば、自分の誕生星座が見頃を迎えるのはいつかというと、誕生日から3~4ヵ月ほど前になります。12月生まれのいて座の場合、いて座が見られるのは夏の夜空です。

12星座の季節分け

星座のガイドブック(解説本)では、季節ごとに星座が分類されています。12星座の一般的な分類は以下の通りです。

春の星座

かに座・しし座・おとめ座

夏の星座

てんびん座・さそり座・いて座

秋の星座

やぎ座・みずがめ座・うお座・おひつじ座

冬の星座

おうし座・ふたご座

このように季節ごとに分類されているものの、「春の星座」が春にしか見られないわけではありません。実際には、前後の季節(冬や夏)にも見ることができます。ただし、その場合は星座が見られる時間が夜半過ぎだったり、日没直後の短い時間だけだったり、観察する時間帯が限られる時期も含まれてしまいます。

たとえば、おとめ座の場合、冬や夏の夜空でも見られますが、もっとも観察しやすいのは「春」というわけです。

季節の星座とは、日が暮れて空が完全に暗くなる頃(20時頃)から日付が変わる手前(24時頃)までの間に、南の空に見られる星座のことをさします。このことを知っておくと、自分の誕生星座がぐっと探しやすくなるでしょう。

さあ、夜空を見上げて誕生星座を探してみませんか。今まで星占いでしか知らなかった星座と自分のつながりが、実際に夜空に輝く星座を目にすることでリアルさを増し、星の世界がもっと身近になるはずです。はじめて自分の星座を見つけたときの喜びは、忘れられない感動体験となるでしょう。

「黄道12星座」と「黄道12宮」

地球から見ると、太陽は1年かけて空の中を動いているように見えます。地球から見た太陽の通り道のことを「黄道(こうどう)」といいます。この黄道に位置している星座を「黄道12星座」と呼びます。星占いでおなじみの、12星座のことですね。太陽は、およそ1ヵ月をかけて、ひとつの星座の中を移動し、1年で12の星座をめぐるわけです。

ところで、秋の星座に分類されているおひつじ座は、星占いでは第1番目の星座です。その理由は、星占いが整備された数千年前に、春分の日の太陽がおひつじ座で輝いていたから。昼と夜の長さがほぼ等しくなる春分をスタートにしたのです。

しかし、星空は長い歳月をかけて少しずつ変化していきます。そのため、今では春分の日の太陽はうお座にいます。

春分の日に太陽がいる位置(春分点)を起点に、360度の黄道を30度ずつ12等分したのが「黄道12宮」です。起点から順番に、以下の名称がつけられています。

・白羊宮(はくようきゅう)

・金牛宮(きんぎゅうきゅう)

・双児宮(そうじきゅう)

・巨蟹宮(きょかいきゅう)

・獅子宮(ししきゅう)

・処女宮(しょじょきゅう)

・天秤宮(てんびんきゅう)

・天蠍宮(てんかつきゅう)

・人馬宮(じんばきゅう)

・磨羯宮(まかつきゅう)

・宝瓶宮(ほうへいきゅう)

・双魚宮(そうぎょきゅう)

星占いで使われているのは、夜空に輝く星々をつないだ星座(黄道12星座)ではなく、実は黄道12宮のほうです。

たとえば「おひつじ座生まれ」は、正しくは「白羊宮生まれ」となります。

ちょっとややこしいですが、黄道12星座と黄道12宮の違いを知っておくと、リアルな星空と星占いの両方を、さまざまな視点で楽しめるようになり、星の世界がもっとおもしろくなるでしょう。

【関連記事】
旬の星座を楽しむ【春の星座】
旬の星座を楽しむ【夏の星座】
旬の星座を楽しむ【秋の星座】
旬の星座を楽しむ【冬の星座】




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す